ビジョン|ものづくりを科学する


代表メッセージ

東新Lab.とは、モノづくりの研究所

東新Lab.は、お客様の良きパートナーとしてものづくりを全面的にサポートします。東新Lab.とは、モノづくりの価値を高める研究するために作られた組織です。現代に住む我々は、非常に多くの課題を抱えながら暮らしています。環境・金融・経済・政治・宗教などグローバル化が進む中でその課題は、とどまることなく増え続けています。

研究テーマは、ソリューション(=問題解決)

今、課題解決のために科学技術振興が叫ばれて久しいですがその課題をモノづくり(科学技術を具現化するための)として解決していくためには、具体的に何が必要となるでしょうか。
課題解決のためのモノづくりを加速させるために必要なポイントは何なのでしょうか。
そこで東新製作所は、それらのモノを生み出す末端としての工場から発想していく必要性を感じ東新Lab.を創設いたしました。
モノづくりの裾野から上流を眺め、そこから見えてくるものをテーマに研究をスタートさせました。

新しいエンジニアのグループが誕生

現在、連携というテーマをもとにおおたグループネットワーク(加工技術連携)や発電会議(異業種交流のアイデア発想の場)・TUNAGIプロジェクト(産学連携事業)などを主催し、連携を推し進めています。
そのような研究の中、特筆すべき流れとして、昨年来からあたらしい事業が立ち上がってきました。それは、新しいかたちのエンジニアリングチームで、協業して装置設計や開発の依頼等を受託するものです。またプロジェクトごとに有機的なチームを組むというスタイルで順調に成長しつつあります。

ニーズと工場をつなぐこと、それが新しいエンジニアリングサービス

今回この素晴らしいエンジニアリングサービスの事例をこの東新製作所のホームページの改変に伴い発表させていただけるのは、この上ない喜びであります。
工場と開発や設計をつなぐ新しいタイプのエンジニアの活躍の場がここに誕生いたしました。
工場の製造技術をエンジニアが深く理解することで、お客様の商品開発や設計のフロントローディングをサポートするサービスが可能となりました。

今後の展開

このモデルは、大変新しい仕組みですが、工場に参加するエンジニアを今後も継続的に増やしていきたいと考えています。また更にナレッジの共有を進めていくことにより、これまで以上の大きな成果を出していきたいと一同いきごんでおります。

東新Lab.はお客様のパートナーです

このサービスにより設計・開発担当者様が、今以上に重要な上流ポイントに集中することで、御社のプロジェクトが、速やかに精度よく成功することを心より願っております。
今後とも末永く、ご愛顧よろしくお願いいたします。

代表取締役  石原 幸一

ページの先頭へ

Copyright © Toshin-Seisakusho Co.,Ltd. All Rights Reserved.