金属3Dプリント|最新の金属3Dプリンターを導入


金属3Dプリンター OPM250L

ソディック社製の金属光造形複合加工機「OPM250L」を導入。
OPM250L 最大の特徴は、金属粉を焼結し積層させた後、自動で切削加工を行うこと。その行程を繰り返し行いながら造形することで、高精度な造形物をワンプロセスで出力可能です。造形物の精度は、後加工無しで1/100mm。東新製作所では、OPM250L で実現可能な造形と新たな事業を日々研究しています。

  • OPM250L
  • OPM250L
  • OPM250L
  • OPM250L

三次元水管金型

金属光造形複合加工の活用により、三次元的に水管を配置した金型製作が可能になりました。
従来の製造方法では二次元的にしか加工できなかった水管を三次元的に配置することで、従来の金型よりも少ない冷却時間で、精度の高い成型物を生み出すことができます。

  • 三次元水管金型
  • 三次元水管金型
  • 三次元水管金型

3Dスキャナーによる造形物解析

繰り返し制度2μmの3次元測定機『VL-500』を保有。通常の測定では難しい3次元形状でも高精度な測定ができ、測定後の形状をモデルデータと比べることによって造型精度を一目で確認する事が可能です。また、造型後の熱歪みを数値で判定することで、熱歪みを考慮した設計や、熱歪みをコントロールする事による薄肉などの難形状の造型が可能になります。3Dスキャン→金属造型出力のリバースエンジニアリングも可能です。

  • 3Dスキャナーによる造形物解析
  • 3Dスキャナーによる造形物解析
  • 3Dスキャナーによる造形物解析

ページの先頭へ

Copyright © Toshin-Seisakusho Co.,Ltd. All Rights Reserved.